笑える癒し空間を目指したいとおもいます。
日頃の日記や、旅先で起こった事件や、世の中のニュースについて等・・・・。面白かったこと・むかついたこと等、笑いにかえて、「まあええやんかいさ!なんとかなるわな!!」ってストレス発散できるようなブログにしていきたいです!!

2006年10月09日

「きっこの日記」つうのが流行っているそうだ。

「きっこ」って誰?業界震撼させる人気ブログ書籍化 




1日に8万件以上のアクセス数を誇る超人気ブログ「きっこの日記」が書籍化され、10日に発売される。著者のきっこさんは自称「ヘアメークの女性」とされるが、その正体は謎に包まれたままだ。耐震強度偽装問題やライブドア事件で数々の“スクープ”を飛ばしてきた同ブログ。「あれだけ多様なジャンルを一人で扱うのはほぼ無理」と「きっこ複数説」を主張する声もある。版元の白夜書房の担当編集者は「人間的にすごくやさしい人」と、その“素顔”を話すのだが…。

 直木賞作家・坂東真砂子さんが、生まれた子猫を「殺している」と書いたエッセーが騒動となったのは今年8月。その火種を作ったのは「きっこの日記」だった。新聞や週刊誌は、こぞって“後追い”する羽目に。

 今やマスコミ関係者も毎日必ずチェックせざるをえない、1日に8万件以上のアクセスがある超人気ブログ。自称「ヘアメークの女性」が書き込む内容は、小泉純一郎からF1まで、そのジャンルは多岐にわたり、なかにはとんでもないディープな話もある。

 「―日記」が一躍、注目されるようになったのは、耐震強度偽装問題の勃発(ぼっぱつ)時。黒幕として「内河健・総合経営研究所所長」の名前をどのメディアよりもいち早く“報じた”。その後もライブドア事件では、エイチエス証券の野口英昭さんの死因に疑問を投げかけるなど、事件の“闇”の部分に踏み込んだ。

 一時、マスコミ関係者の間では、「きっこって誰」があいさつ代わりになったほど。週刊誌でもその正体について、複数の著名なジャーナリストを名指ししたが、きっこさんはブログ上で「デマ」と一蹴した。

 IT業界に詳しいジャーナリスト・井上トシユキ氏は「非常に説得力のある文章を書いているが、あれだけのことを一人でやるのはほぼ無理。扱っているジャンルが多すぎる。本人の裏に(複数の)ネタ元がいる可能性がある」と分析。さらに「情報を出すところに情報は入ってくる」とし、日記で発信することにより“タレコミ”も増えるという相乗効果の面も指摘した。

 「きっこの日記」を出版する白夜書房の担当編集者は、実際のきっこさんに会った数少ない(ただ一人の?)人間だ。「全然、わがままでない。こんなに素直な作家さんは初めて」(担当編集者)だったという。

 「―日記」の過激な内容から、各方面から脅迫を受けているというきっこさん。マスコミでも正体探しは続いている。白夜書房では社をあげて、きっこさんの個人情報を管理。担当編集者も携帯電話に連絡先を登録していない。「自分のパソコンにも情報は入っていない。記憶だけでやっている」状態だ。

 きっこさんの“正体”に関する質問には「ノーコメント」とする担当編集者。だが、印象についてはこう語った。

 「私と同じ目線で物事を見ているような気がします。年も近いですし。酒とつまみが好きで、同じ独身女。化粧品も好きで、レズっけがあるというわけではなく、かわいい女の子が好き」だそうなのだが…。

 ◆白夜書房担当編集者、死ぬ覚悟で作りました 「きっこの日記」の担当編集者・角田水紀さん(仮名)は、書籍化にあたって相当な覚悟を決めたという。

 「死ぬ覚悟で作りました。遺書を書いて預けてあります。私は自殺するタイプではないので、自殺に見せかけて殺されたら、絶対調べてくださいね…」

 まだ、大ブレークする前から「きっこの日記」を知っていたという角田さん。書籍化の依頼を出したが、一度は断られた。その後、一読者としてきっこさんとメールのやりとりを開始。主な話題はパチンコだったという。

 書籍化にあたっては大手出版社を始め、30〜40社がきっこさんにオファーを出した。白夜書房よりも、はるかに高い印税率を提示した出版社もあったという。

 角田さんは「なぜ、選んでくれたか、教えてほしいくらい。文中の名前をイニシャルにしたいという出版社もあったようですが、私は裏がとれている限り、伏せ字にする必要はないと言いました」と話している。なお、書籍では、これまでの日記をリニューアルし、新たに書き下ろしのエッセーも加えられている。


NewsX

(2006年10月8日06時00分 スポーツ報知)




続きを読む
posted by 太郎ちゃん at 02:31| Comment(2) | TrackBack(1) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

牛丼は吉野家!!

吉野家「米国産牛丼」に賛否の声



 「吉野家」の全国約1000店で18日、牛丼の限定販売が実施された。販売休止から約2年7カ月ぶりの復活。限定100万食に、各店で“ファン”が長い行列を作った。台風の影響を受けた宮崎県の店舗を除き「完売」。一方で、米国産への不安感から食べ控える消費者もいた。完全復活にはまだしばらく時間がかかりそうだ。

 「ただいまより牛丼復活祭を実施します」。日本一の売り上げを誇る東京・有楽町店の加藤忠央店長(33)の宣言に、店前に並んだ約100人から「待ってました!」のかけ声がかかり、続いて拍手が起きた。7月の米国産牛肉輸入再々開を受けての限定販売。値段は並盛が380円と、販売休止前に比べ100円高いが、そんなことはファンには関係ない様子だ。

 午前11時、客が一斉に店内に流れ込む。一番乗りの東大大学院生の梅城崇師(うめき・たかのり)さん(24)は、前日17日の午後11時から並んだ唯一の徹夜組。「味を思い出しながら食べましたが、あらためて肉のジューシーさを実感。輸入牛肉の安全性が気にならないといえばウソになるが、これからも食べたい」と満足そう。

 千葉市の会社員田村慎哉さん(29)は「東京駅近くの店で食べてきました。今度はお土産用を…」と笑顔で店を後にした。以前と変わらない味のはずだったが、中には「前より薄味」と話す“通の客”も。同店は午後3時21分に完売した。

 今回の100万食限定販売に用意されたのは、米国産(一部メキシコ産)100トン。吉野家ディー・アンド・シーでは、牛1頭から約10キロ取れるバラ肉を牛丼に使用しており、この日だけで約1万頭分が日本人の胃袋におさまった計算になる。今のところ米国産牛肉の輸入量自体が少ないため、9月はこの日のみの“復活”。10月と11月の1〜5日には、各日それぞれ100万食を販売する。12月以降については「毎日24時間態勢で販売できるようにしたい」とした。

 一方で、米国産牛肉への不信感も根強く「しばらくは食べない」(50歳代の主婦)という声も多い。銀座で待ち合わせをしていた横浜市の会社員の男性(34)は「牛や吉野家が悪いわけではないが、あんなずさんな検査方法では納得することはできない」と首を横に振った。
[ 2006年09月19日付 紙面記事 ]



続きを読む
posted by 太郎ちゃん at 01:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

太郎の世の中プッチ切り

以前、何度か「世の中のニュースぶったぎり」と言うタイトルで、
毒舌満開でぶったぎったんですが、(内容は社会派でぶったぎりというより、三球・照代師匠並みのぼやきでしたが・・・)今日は、軽く、
世の中をプッチぎろうとおもいます!!


で、今日のお題は・・・・


まずは・・・


@NY同時テロから5年


続きを読む
posted by 太郎ちゃん at 03:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

祝!!親族様ご誕生!!〜紀子様男児ご出産〜




祝!!親族様ご誕生!!




いや〜〜、よかったですね。



やっぱり皇室ってすごいよな。

皇室に明るいニュースがあったら、なんかすごくHAPPYな気持ちになりますもんね〜。




続きを読む
posted by 太郎ちゃん at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

大型台風が来てるって!??

ハリケーンが日付け変更線を超えて、台風となったものが、日本に向けて
北上してきているそうですね〜〜。




いや〜〜、なんちゅうか・・・・・
















もう、こわい♪


(未知やすえ風味)



って感じですね。(笑)









続きを読む
posted by 太郎ちゃん at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

久々に、世の中ぶったぎり!

暑いですね〜。ほんまに。


僕は、冬よりは、夏のほうが好きなんだけど、こう急に暑くなられると、
かしこいおつむも、



オムツになってしまいそう!!

(もう、失禁してボタボタって感じ!?)(笑)



まあ、そんなことはどうでもいいとして、久々にニュースなネタを、



にゅにゅっとなっ!!



続きを読む
posted by 太郎ちゃん at 02:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

北朝鮮のテポドン

朝鮮、2発目の「テポドン2号」の発射準備?


 北朝鮮が、2発目の長距離弾道ミサイル「テポドン2号」(射程3500〜6000キロ)の発射準備とも受け取れる動き見せていることが6日、明らかになった。

 複数の政府筋が明らかにした。

 関係者によると、北朝鮮北東部の舞水端里(ムスダンリ)にある発射基地周辺に、「テポドン2号」と見られる弾道ミサイルがあることが日米の偵察衛星で数回確認された。すでに、1段目の新型ブースターと2段目の中距離弾道ミサイル「ノドン」(射程1300キロ)が組み上げられた状態だという。

 ただ、現段階では発射台に搭載されたとの情報はなく、「直ちに発射するという状況ではない」(政府関係者)と分析している。
(読売新聞) - 7月6日23時4分更新



続きを読む
posted by 太郎ちゃん at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

豪憲君殺害事件

<秋田男児殺害>動機供述「なぜ彩香がいないのか苦しくて」


 秋田県藤里町粕毛家(かすげいえ)の後(うしろ)、町立藤里小1年の米山豪憲(ごうけん)君(7)が殺害された事件で、死体遺棄容疑で逮捕された近くに住む無職、畠山鈴香容疑者(33)が接見した弁護人に対して「豪憲ちゃんのかぶっていた1年生の帽子を見て、(4月に水死した長女の)彩香と似ているなと思った。なぜ他の子供が元気なのにうちの彩香がいないのか、切なくて、苦しくて、張り裂けそうだった」などと殺害の動機について話していることが分かった。弁護人が9日、記者会見で明らかにした。捜査本部は、豪憲君殺害事件は彩香ちゃん(9)=同小4年=の水死と密接な関係があるとみているが、供述が変遷していることから、慎重に裏付け捜査を進めている。(毎日新聞)


まず、思ったことを一言・・・・



鈴香怖すぎます・・・。






続きを読む
posted by 太郎ちゃん at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

山の手線ストップ

<線路変形>またトラブル 乗客、怒りの声 山手線ストップ


 24日午前10時半ごろ、東京都新宿区大久保3のJR新大久保―高田馬場駅間を走行中の埼京線・湘南新宿ライン大船発宇都宮行き普通電車(15両編成)の運転士から「通常の走行音と違う音を感知した」と東京総合指令所に連絡があった。付近を走行中の山手線内回り電車(11両編成)も異常に気付いて緊急停車した。JR東日本が付近を点検したところ線路の一部が盛り上がり、変形しているのが見つかった。このトラブルで同ラインが終日運休し、山手、埼京線が最大約7時間半遅れ計406本が運休するなど、合わせて約32万人に影響が出た。(毎日新聞)


ありゃありゃ・・・。

また乗り物のトラブルですか〜〜。
続きを読む
posted by 太郎ちゃん at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

マクドナルドが24時間営業!?

日本マクドナルドが24時間営業、5月中に試験的に開始 - ロイター


 [東京 19日 ロイター] 日本マクドナルドホールディングス は19日、店舗の24時間営業を5月中に開始することを明らかにした。200店舗で試験的に開始し、検証結果によって店舗を広げていく。 



こんな記事を目にしたのですが、マクドの24時間営業か〜・・・。
どうなんだろ。


続きを読む
posted by 太郎ちゃん at 02:10| Comment(2) | TrackBack(1) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

思い出の給食

思い出に残る給食の献立ランキング
2006年 4月 2日 (日) 01:02


思い出深いのは“好きな給食”の代名詞 『揚げパン』
 学校生活の楽しい思い出のひとつと言えば、学校給食。最近では、学校給食献立を出す居酒屋もあるほど。給食メニューを食べながら、昔の記憶がよみがえり、友達と昔話に花が咲くことでしょう。上位にランク・インした献立は、おなじみの『揚げパン』『三角牛乳』『コッペパン』など、給食ならではの献立でした。
  『揚げパン』と言えば砂糖味ときな粉味が定番ですが、今ではシナモン味やアーモンド味、ココア味もあるそうです。最近ではコンビニエンスストアや露天でも揚げパンが売られています。『三角牛乳』は、学校の栄養士さんから「よく噛んで飲みましょう」と言われていましたね。子どもながらに「『牛乳を噛む』ってどういうこと?」と奇妙に思った人も多いはず。「牛乳を噛む」とは、牛乳を口に含んで噛むようにして飲むことですが、これには意外な効果が。冷たい牛乳を一度に流し込むと直接胃に届きますが、噛むことによって、牛乳の温度が上がり、低温によってお腹を壊すことを避けることができるそうです。
 『カレーシチュー』は人気の献立。給食室から漂うカレーの美味しそうな匂いに、多くの子どもたちが4時間目の授業から『カレーシチュー』を楽しみにしていたものでした。『カレーシチュー』をご飯にかけてカレーライスとして食べたり、ソフト麺にかけてカレーうどんのように食べたりと、バリエーションも豊富です。皆さんはどの給食をもう一度食べてみたいですか? (gooランキング)




gooニュースを見ていたら、上の様な記事を目にしました。



続きを読む
posted by 太郎ちゃん at 01:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

王ジャパン世界一!!  〜飛んじゃってワンちゃん♪〜

イチロー.jpg



<国別対抗野球>王ジャパン世界一 10−6でキューバ降す
 【サンディエゴ田中義郎、高橋秀明】野球の国・地域別対抗戦、第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日、当地のペトコパークで決勝を行い、日本が10―6で五輪優勝3度のキューバを降して初代王者に輝いた。最優秀選手(MVP)に日本の松坂(西武)が選ばれた。(毎日新聞)






続きを読む
posted by 太郎ちゃん at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

そのまんま東と、そのまんまかずこ

離婚したそのまんま東の政界入りは?

 女優、かとうかず子=かずこから改名=(48)との離婚を発表したタレント、そのまんま東(48)。東は出身地の宮崎を拠点に政界入りを目指す意向で、かとうは28日の会見で「夢についていけない。手伝えない」と離婚理由のひとつに挙げた。現在、私学最難関の早稲田大政経学部政治学科で地域政治を学ぶ東。その可能性は?

 これまで東については、知事選、都城市長選への出馬が取りざたされた。しかし、市長選は2月5日にあったばかり。一方、知事選は来年夏に控えている。

 「東さんは地元の名門校・都城泉ヶ丘高時代にハンドボールで2度インターハイに出るなど、目立つ存在でした。先月の市長選の時にも地元で開かれた駅伝大会に出場するなど、“地盤固め”も怠っていないようです」(地元政界関係者)

 ビートたけしの一番弟子を自任し、バラエティーでも活躍した東だが、度重なるトラブルで仕事も減少。趣味を「大学とマラソン」と公言するように、勉学に励み、2000年に早大二文に入学。さらに04年には政経学部に1年次から入り直している。

 知名度と理論を身につければ可能性もあるか。

 「首長ねらいか、国政かは不明ですが、地元での動きはさらに活発になるでしょうね」(先の関係者)

 その東、自身のHP「新そのまんま日記!」で、友人から「離婚したんですね」とメールがあったことなどを紹介しているが、まだ心中を語ってはいない。

 離婚を乗り越え、熟年の星になれるか−。
(夕刊フジ) - 3月1日17時1分更新





続きを読む
posted by 太郎ちゃん at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

モリゾ〜、キッコロ、おやまから下りてきた!?

モリゾー・キッコロ イベント引っ張りだこ 出演今年9回



 愛・地球博(愛知万博)の公式キャラクター、モリゾーとキッコロの“出番”が急増している。小学生の環境学習や中部国際空港の開港1周年イベントのほか献血会場にも及ぶ。いったん終了したグッズの販売も再開が決まった。閉幕から25日でちょうど5カ月。モリコロの人気は一向に衰えそうにない。
 モリコロは、昨年9月25日の閉幕日に海上(かいしょ)の森に「帰った」はずだった。だが、今年に入り、着ぐるみが登場したイベントは9回。毎週、どこかに現れているペースだ。今月10日に中部国際空港(愛知県常滑市沖)で開催されたイベントに登場した理由は「万博の玄関口として地域の活性化に貢献した」から。このほか、同4日に名古屋市内で開かれた献血キャンペーン、愛知県一宮市のゴミ減量シンポジウム、ボランティアのイベントに現れ、会場の人気を集めた。25日には、名古屋市民会館で開かれた「愛・地球博報告会」にも登場した。
 万博協会は閉幕以降、着ぐるみを所有する自治体や企業などに「使用の原則禁止」を通達。その後、万博の理念を継承・発展する舞台に限って使用を認めることを決め、昨年11月に再オープンした「エコマネーセンター」(名古屋市中区)のセレモニーを境に事実上、解禁となった。
 協会内に設置した審査委員会が、使用基準や申請の方法などを協議し、個別の要請案件には協会職員が対応している。これまで20〜30件の要請があり、さらに卒業・卒園シーズンを迎え、協会営業管理室の原田幸之介・担当課長は「『遠足で万博に行った園児の卒園記念に』と言われると……」と複雑な心境を明かし、基準の線引きに頭を悩ませている。
 開幕1周年のイベントが目白押しの3月は、モリコロがあちこちに出没することになりそうだ。【樋岡徹也】
(毎日新聞) - 2月26日10時12分更新





いや〜、モリゾ〜、キッコロがここにきて、また大人気やねんなあ〜。続きを読む
posted by 太郎ちゃん at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

岡倉大吉が・・・〜ちょいまじめ系ネタ〜

藤岡琢也が肺炎で入院、「渡鬼」降板
2006年 2月22日 (水) 09:46


 俳優藤岡琢也(75)が肺炎のため14日に緊急入院し、レギュラー出演するTBSドラマ「渡る世間は鬼ばかり」を降板することが21日、明らかになった。藤岡は都内の病院の無菌室に入っているが、39度を超える高熱が続き、退院のめどが立たない状態。石井ふく子プロデューサー(79)は「命に問題はなく、意識もはっきりしているが、治療に専念してほしい」と説明した。4月6日スタートの第8作では、岡倉大吉役に代役を立てるが、未定。

 藤岡は昨年4月から腎臓病を患い、都内の病院で週に3回ほど透析を受けてきた。14日に透析のために病院を訪れた際、発熱を訴え、検査の結果、肺炎が判明し、そのまま入院した。現在無菌室に入っており、石井氏らも面会できない状態。点滴や抗生物質などの治療を受け、意識はあるものの、39度6分の高熱が続いているという。

 石井氏は「藤岡さんは約50年前に結核になり、片方の肺を切除しています。肺が両方ある人と違って心配で仕方ない。ドクターストップがかかってしまったので」と状況を説明した。17日に主治医から「良くなっていない」と告げられ、20日に「1〜2週間で治るのは無理。退院のめども立たない」と説明されたという。

 藤岡は「渡鬼」に90年のスタート時から小料理店「おかくら」の主人、岡倉大吉として出演している顔の1人。今回、藤岡の収録は3月中旬から始まる予定で、脚本も14回分完成していた。石井氏は「主治医と相談し、静養してもらうため、昨日(20日)藤岡さんの降板と代役を立てることを決断しました。お父さん(藤岡)は降板をまだ知りませんが、命が一番大事。早い回復を祈りたい。つらいです」と声を詰まらせた。ドラマは1作1年間の長丁場。途中でまた、ドクターストップがかかる懸念もあり、苦渋の決断だった。




昨日、このニュースを知ったんだけど、かなりショッキングでした。









続きを読む
posted by 太郎ちゃん at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

NHKの受信料

確信犯的な未契約者50万人に民事訴訟を検討…NHK (読売新聞)


 NHKの橋本元一会長は2日の定例会見で、「信念をもって契約を結ばず、受信料を払わない人が50万人規模いると推定される。この人たちに民事手続きを考えている」と述べ、未契約者に行うとしていた民事訴訟を、当面、確信犯的なケースに絞って実施していくことを明らかにした。

 橋本会長は「まずは訪問して調査を4月から進めていく」と説明しており、具体的な絞り込み作業は来年度からになる見込みだ。

 NHKでは、先月24日に発表した06〜08年度の経営計画で、未契約に対し、民事訴訟を行う方針を示している。




[ 2006年2月2日22時31分 ]





続きを読む
posted by 太郎ちゃん at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

ボビー騒動のその後

ボビー 涙なき号泣会見

 
 25日に暴行事件を起こした人気タレントのボビー・オロゴン(39)が27日夜、都内でジョン・ムウェテ・ムルアカ氏(44)同席のもと、緊急謝罪会見を開いた。ボビーは「ボタンの掛け違いがあった。申し訳ございません」と涙ながらに謝罪。だが、事件の発端となった“ギャラ問題”などについては、2人ともダンマリ。なお、事務所関係者はボビーのマネジャー、バングラデシュ出身のサリムラ・カジョール氏(43)を解雇にしたことを明らかにした。
 電撃の手打ちだった。事件当日はお互いが「殴られた」と主張。事務所側はボビーに荒らされたと説明し、警察に被害届を提出した。だが、ムルアカ氏はこの日、「ボビーが涙ながらに謝ってきた。私の弟分。人間誰でも間違いがある」と寛大さをアピールし、ボビーとは和解。伊藤和之社長(55)も了承し、被害届は取り下げたという。
 事件はボビーの担当マネジャー、カジョール氏が「事務所を通さず、勝手に仕事を入れた。横領額は2000万円以上」(事務所側)という“ギャラ問題”が発端。マネジャーを信頼するボビーが、“強硬姿勢”をみせた事務所側に真相を問いただそうとしたところ、伊藤社長に相手にされなかったため、暴れたという説明だった。
 真相を聞かれたムルアカ氏は「アフリカではよくあること」とうやむやな回答。だが、本紙の取材に対し、事務所関係者はカジョール氏を25日付けで解雇、横領背任で告訴する意向を改めて明らかにした。
 ボビーは、どちらが最初に殴ったかの質問には「殴ってなんかない!僕は人を殴るような人間になりたくない」と声を荒らげた。また、実際は39歳だったという年齢詐称疑惑については「32歳ですよ。うまどしですから」と否定した。
 いつものおとぼけボビーではなく、心なしか不満げ。号泣した場面も、涙は流れていなかった。「格闘技?もし良かったらムルアカさんと」と冗談交じりながら、目は笑っていなかった。暴行問題は落着したが、“ギャラ問題”の行方は不透明といえる。騒動はまだまだ尾を引く可能性がある。
(デイリースポーツ) - 1月28日10時47分更新






続きを読む
posted by 太郎ちゃん at 17:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

ボビー、暴れる!!〜そして、ムルアカ〜

曙に勝ったボビー・オロゴン、事務所で暴れる

 25日午後1時5分ごろ、東京都渋谷区神宮前3、芸能事務所「R&Aプロモーション」で、同事務所所属のナイジェリア人タレント、ボビー・オロゴン(本名=オロゴン・カリム・アルハジ)さん(39)が暴れ、警察官が駆けつける騒ぎがあった。

 警視庁原宿署の調べによると、ボビーさんは同日午後1時ごろ、事務所に現れ、打ち合わせ中だった同事務所社長(55)や、鈴木宗男衆院議員の元私設秘書で同事務所所属のコンゴ人タレント、ジョン・ムウェテ・ムルアカさん(44)らと言い合いになり、社長の胸ぐらをつかんで押し倒したという。ムルアカさんらが取り押さえようとしたが、いすを投げるなどして暴れたため、同社社員が110番通報した。ボビーさんと事務所の間には、仕事上のトラブルがあったらしい。

 ボビーさんは調べに対し、「ムルアカさんに殴られた」などと否認しているが、同署は暴行容疑で書類送検する方針。


(読売新聞) - 1月25日22時22分更





あれま、きょうはこんなニュースがあったんですね〜。
ちょっとびっくり。


さっき、yahooの動画ニュースでみましたが、ボビー、記者に囲まれて



Vサイン


いつもの、おばかキャラを演じているけど、やっぱりちょっと興奮冷めやらぬって感じ
ですね。


何があったんでしょうかね。ボビーのおばかキャラは結構好きなので、



なんでなん?ボビー!???
って感じです。




それにしても、久しぶりに出てきたもう一人の外人の名前・・・




ムルアカ




おったよなあ・・・。ムネちゃんの元秘書。


宗男騒動のころ、ムルアカについては、



トリカブトのアナリエ。


そして、ご存知チリ人妻、


アニータ。




に続く、注目すべき悪人外人キャラかと思っていたのだが・・・・。



その後さほど、騒がれることもなく名前も忘れてしまっていたのだが・・・・・。


今回ひょんなことからこの名前を聞くとは・・。



ボビーが暴れてしまって今回のニュースのようになってしまったのだったら、
それは悪いことですが、なんか自分としては、ちょっと納得いかないような・・・





何故って???







ムルアカ、かなり


悪人っぽいんやもん!!





今回の騒動の裏には、


ムルアカがかかわってるん


じゃね〜か!!???



なんて思ってる太郎でした。


真相はいかに!???




posted by 太郎ちゃん at 03:09| Comment(3) | TrackBack(1) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

アメリカ産牛肉輸入延期で・・・。(ちょっと一言)

<米国産牛肉>吉野家が牛丼販売の再開を当面延期


 牛丼チェーンの吉野家ディー・アンド・シーは21日、輸入された牛肉に脊柱が混入していた問題に関連して、「大きな問題であり、遺憾に思う。2月に予定していた牛丼販売の再開は当面延期とする方向だ」とのコメントを出した。
 吉野家は03年末に米国産牛肉が輸入禁止になった後、04年2月から牛丼の販売を中止していた。昨年末に輸入解禁が決まった当時は、輸入再開後2カ月をめどに販売を再開すると説明していた。【古田信二】
(毎日新聞) - 1月21日12時23分更新









続きを読む
posted by 太郎ちゃん at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

阪神大震災から11年

阪神大震災11年、「1・17」忘れない

 
 阪神大震災から11年を迎えた被災地では、17日午後も各地で追悼行事などが行われた。

 震災で大きな被害を受けた神戸市長田区の若松鷹取公園では、ろうそくの炎で震災が起きた5時46分を示す大時計などを表し、参加者らは揺れる炎を見つめては手を合わせ、震災の経験や教訓を伝え、つないでいくことを誓った。

 また、同区のJR新長田駅前の広場には、ペットボトルで作られた約1800個の灯ろうで「1・17 ながた」の文字が描かれ、参加者が祈りをささげた。同区の病院職員益田泰造さん(55)は「街の姿は変わっても心は変わらない。供養を続けることが残された者の使命」と声を震わせた。

 震災を覚えていない子どもたちも大勢参加。「ありがとう」の文字を表した市立二葉小では、同小5年の山下歩栞さん(11)が「亡くなった人の分まで精いっぱい生きたい」とつぶやいていた。
(読売新聞) - 1月17日22時11分更新






早いもので、あの震災からもう11年なんですね。




自分自身が、神戸や、阪神間に住んでいたわけではなかったけど、
当日の朝、テレビを見ながらことの大きさに大変ショックを受けたのを覚えてます。


続きを読む
posted by 太郎ちゃん at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。