笑える癒し空間を目指したいとおもいます。
日頃の日記や、旅先で起こった事件や、世の中のニュースについて等・・・・。面白かったこと・むかついたこと等、笑いにかえて、「まあええやんかいさ!なんとかなるわな!!」ってストレス発散できるようなブログにしていきたいです!!

2005年07月29日

熊野古道

熊野古道でストレス解消 歩く前後でホルモン量変化 


「語り部」とともに熊野古道を歩くとストレスが解消される―。世界遺産をめぐるこんな調査結果を、和歌山県や和歌山健康センターなどが28日までにまとめた。
 昨年11月から今年2月にかけ、20―70代の男女延べ約120人が、案内人の語り部とともに3.4―7.1キロのコースを歩き実験。ストレスの指標となる唾液中のホルモン、コルチゾールは、歩く前に比べ歩いた後は約7割に減少し、和歌山市内で8キロ歩いた前後では変化はなかった。
 唾液中の免疫グロブリンAを調べると、和歌山市から参加、熊野古道に移動した人は1.7倍になり、熊野古道を歩いた後も1.3倍を維持、免疫力が強まっていた。
 県は、語り部と話しながら歩いたことが“癒やし”効果を高めたと分析。語り部に、健康への知識を習得してもらうよう研修を始めた。
(共同通信) - 7月28日6時27分更新



あんまり売りのない、近畿のおまけといわれている和歌山が、世界に誇るものといえば、
世界遺産の熊野小道ですが、熊野古道についてこんな記事を見つけました。



いや〜、やっぱりねえ。自然はストレス発散にはいいんよ〜〜。
癒しよ癒し!!


なんて、思いつつ・・・・実は僕は、
























































熊野古道

行ったこと

ありません。(汗)



(多分同じような県民は多いと思う)





それにしても、世界遺産に登録されるまでは、熊野古道なんてさほど注目もされてなかったのに、登録されたとたん、観光客も増えてにぎわってるみたいですね。


写真とかで見る限り、この記事の結果もなんとなく納得してしまうほどきれいだもんなあ・・・。←行ったことないくせに、語る太郎。(和歌山県の観光大使を目指そうかなあ・・)(笑)




さささ・・・みなさん、この夏は、熊野古道へGO!!

そして・・・・
















和歌山へお金を

いっぱい落として

いきましょう!!



(弁当カスはだめやで〜。もちかえりましょう!!)




これだけかけば、県知事からでも表彰してもらえるかな。(笑)←あくまでも観光大使を目指す
太郎だった。


県知事さん、表彰はいらんで〜〜。(金一封はありがたくもらうが・・・)
































posted by 太郎ちゃん at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ビバ!和歌山!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5440406

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。