笑える癒し空間を目指したいとおもいます。
日頃の日記や、旅先で起こった事件や、世の中のニュースについて等・・・・。面白かったこと・むかついたこと等、笑いにかえて、「まあええやんかいさ!なんとかなるわな!!」ってストレス発散できるようなブログにしていきたいです!!

2005年05月22日

イエローモンキーで悪いんかい!??

僕は、旅に出ると日本人に思われないことが多い。
香港旅行の際は、一緒に言った友達が、観光客の呼び込みをされていても
少し離れていたら、自分だけ声をかけられなかったとかということもあった。


香港の現地人と思われて立ってことか!??











フッ!

どうせ俺は、

金城武さ!!



(なつかしの故、若井こづえ・みどり師匠のギャグ風)





また、現地で、


どこから来たの??

という質問では、たいてい、



コリアン??とか、チャイニーズ??
とか最初に聞かれることが多いです!

(生粋の日本国の関西人じゃ〜〜!)



まあこういう風に思われることが多いんだけど、


オーストラリアに行った際に、自分が日本人。いや、黄色人種だからといって
ちょっと、むかつくような扱いをされたことがあります。





それは、メルボルンから、帰るときだったんだけど、空港のチェックインカウンターで

荷物の持込を聞かれて、

別に預けるほどの大きな荷物でもなかったんで、
機内持ち込みにするけど、大丈夫!??


ってことを、身振り手振りと、つたない英語で伝えた。

受付の金髪ねーちゃんは、


大丈夫だよ〜ん!!


と太鼓判を押してくれたし、それぐらいの大きさの荷物はどんな旅行のときでも
機内持ち込みにしているので、自分も大丈夫だと思っていたのだ。



で、飛行機に乗り込む前に通る、荷物検査の列に並び、自分の番がやってきたんだけど、

愛想のない、めっちゃデブの(渡る世間〜の幸楽の聖子以上)のおばはんが、


僕と、僕の荷物を見たとたん・・・




NO!??


といって、シッシッ!!あっちへ行け。後ろへ行け。

見たいな合図をしてきた。


最初、何をされているかわからず、(空港でこんなことされたのは初めてだったので)

戸惑って、立ちすくんでいると後ろの人たちが順番にチェックを受けだす。

その飛行機は、タイ航空でタイに向かう飛行機だったので日本人はほとんどいなかった。
最初は戸惑っていたんだけど、冷静に考えてみると・・・・










おかしいやん!!??




荷物のせいやないで!!これは!!


と思った。荷物なんか調べる以前に、シッシッ!!


ってされたことが、やっと理解できてきた。





なめられてるんや!!


って。


シドニーの町では、黄色人種やということで、ちょっと、冷たい視線を浴びているなあと思うことがあったんだけど、メルボルンにきてからは、
すごく人もよくって街もきれいで、


メルボルン最高!♪


と思っていただけに、なんで、こんな扱いうけなあかんねん!!


ってめっちゃ腹が立ってきた。

ひるんじゃあかん!!


と思って、

豚女に、

チェックインカウンターでは、大丈夫やといわれた。なんで、調べてくれへんの?

ということを英語を使って必死に伝えようとするんだけど、
俺の英語力では到底、伝えることができない。
腹立ってきて、


ちゃんとしらべてくれや!!


なんて、日本語も混ざってきて、ちょっと興奮気味の太郎になってきた。

すると、ちょっとした騒ぎだったのか・・・

この豚女の同僚か上司というような、やさしそうな、白人男性がやってきて

どうしたの??

見たいな感じで聞いてくれた。


つたない英語とジェスチャーで、
豚女が、やったことをちくってやった。


なんとか意思が通じたのか、このおっさんが
ちゃんと、やってくれて、荷物の重さやら、金属探知やらを調べてくれた。


OK!!がでて、

問題なく通過できた。


通過するときに、ことが大きくなってちょっとあわてている、豚女に



イエローモンキー

ってなめんじゃねーぞ!!



とばかりにガンとばして、通過したのは言うもでもない。



オーストラリアの別のところにすんでいる日本人の知り合いがいるのだが、後にこのことを
話すと、公にではないが・・・

オーストラリアでは仕事を探したりする際とかなど、やっぱりまだ人種差別のようなものは
どこかで残っていたりもするとのことでした。



メルボルンの最後はこういう結果に終わりちょっと残念ではあったけど、
メルボルンの街や親切な人々のことはやっぱりいい思い出です。


人種差別や、民族差別などいろいろあるけど、みんな同じ人間やんなあ・・・。

なんて思う太郎であります。






















posted by 太郎ちゃん at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3820367

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。