笑える癒し空間を目指したいとおもいます。
日頃の日記や、旅先で起こった事件や、世の中のニュースについて等・・・・。面白かったこと・むかついたこと等、笑いにかえて、「まあええやんかいさ!なんとかなるわな!!」ってストレス発散できるようなブログにしていきたいです!!

2006年11月17日

狂犬病

京都の男性が狂犬病発症 比で感染、1970年以来
2006年11月16日(木)19:11

 厚生労働省に16日入った連絡によると、京都市内の60代の男性が狂犬病を発症した。男性はフィリピンで犬にかまれて感染、帰国後発症したという。国内での感染例は1950年代を最後になく、海外で感染した日本人が帰国後発症したのは、1970年にネパールから帰った男性以来。

厚労省によると、京都市の男性は11月1日に帰国。9日から風邪のような症状を訴え、13日に幻覚症状が現れて入院し、16日に狂犬病と確認され重体。

狂犬病は、ウイルスに感染した犬や猫などの哺乳(ほにゅう)類にかまれることで人間に感染、発症すると錯乱などの症状を起こし、死亡率も高い。世界では毎年3万−5万人が死亡している。






いや〜〜、「狂犬病」ですか〜〜!!???

なんか、近頃きかなかった病名だよな〜、


僕が小さい頃、


「犬にかまれたら、狂犬病になるから・・・・」


とよく言われたものですが、狂犬病自体は、僕が生まれた年から、今まで
ずっと発症した人がいなかったんですね。



しかし、狂犬病の症状って実際どんなんなんでしょうね。


僕が、小さかった頃、このブログでもちょくちょく出てくる、うちのおかん
につれられて、畑によくいったんだけど、その道中に、野良犬の軍団が出没することがあったんですよね〜。



うちのおかんいわく



山犬軍団




でしたが、この、山犬軍団に、途中で遭遇したら、怖いからと、当時うちのおかんは、山犬対策をして、畑に向かっていたのでした。




その対策とは・・・・・




犬が出没したら、





@棒で威嚇する!!

A石を常に持っておいて、投げつける!!





という、とても、シンプル&アグレッシブな、対策でした。(笑)

(いまから、考えたら、うちのおかんって、武闘派やよな〜)




まあ、そんなこんなで、幼かった頃、山犬っていうのが、とても怖いイメージを持っていたのでした。


(なんかおぼろげなんだけど、犬に、石投げた記憶があるんですよね〜)




まあ、そんなことはどうでもいいとして・・・・・




狂犬病の症状ですよ。



この記事では、詳しい症状とかは書いてないけど、命にもかかわってくる
怖い病気なんだなあ・・・・。と改めて思いました。




小さい頃の僕の狂犬病のイメージはというと、




「犬にかまれたら、自分も犬のような気性になり、人を噛み付きにいく!!」



というものでした。(笑)


まあ、この記事を、読んでいる限りでは、人から人への感染などは、
ないということなんだけど、海外行ったら、犬にかまれないように注意しないとなあ・・・・。






posted by 太郎ちゃん at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 小話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27647998

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。