笑える癒し空間を目指したいとおもいます。
日頃の日記や、旅先で起こった事件や、世の中のニュースについて等・・・・。面白かったこと・むかついたこと等、笑いにかえて、「まあええやんかいさ!なんとかなるわな!!」ってストレス発散できるようなブログにしていきたいです!!

2006年10月11日

沖縄南部戦跡めぐり

沖縄の旅のこと、先日少しかいたのですが、旅行中の新聞で、
沖縄に、追撃ミサイルが持ち込まれるという、ニュースを見て、


は〜〜・・・


と思ったのですが、帰ってきたら、昨日は、北朝鮮が核実験をしたと
聞いて、なんつうか・・・・複雑な気分です。








南部戦跡めぐりといっても、僕が言ったのは、ドライブがてらに、



 きゃん岬 〜 ひめゆりの塔 〜 平和祈念公園 〜


くらいなもんなんですが・・・・・


きゃん岬に行くまでの道中は、サトウキビ畑が広がっていて、近づくにつれ
細い道を通っていくんですが、その景色は、とても綺麗で、空は青さと
サトウキビ畑の緑はとても鮮やかな色のコントラストで、車で走っていても
とても癒されるというか、心地よく体の力が抜けていく感じ・・・・。


でも、60年前、このあたりを爆弾から逃れながら、サトウキビ畑や草のなかを掻き分けて逃げ惑い、キャン岬まで逃げてきて、逃げ場を失い自らの命を
たった人がたくさんいるんだと思うと、鮮やかな空の色や、サトウキビ畑
の風景は少し物悲しく感じるのでした・・・・。



そして・・・


ひめゆりの塔と、ひめゆり記念館



生存した人たちの手記を読んでいると、本当にこの地で、地上戦が
あって、想像もつかないよう悲惨な惨状が怒っていたんだということが
わかりました。


ひめゆり学徒隊やら、教師は、半数以上がなくなったようですが、
戦地に行く際は、危険な戦場に行くとは知らされていなかったそうです。


15歳くらいの少女たちが目の前で、友達が爆弾を落とされ殺されたり
したわけです。


戦況がいよいよ悪くなり、突然学徒隊も解散させられ、その後は
壕からでていけといわれ、どこに逃げればいいかもわからず、自ら
命を落としていった人たちも多かったそうです。


逃げている途中で、死にそうになっている子供のおかあさんに、水を
くれといわれたが、そのときは自分もあげられる余裕なんてなかった。
今となっては、その子と母親がどうなったのかと思うと心が痛むという
手記がありました。






う〜〜〜ん。




何をどう書いていいかわからんようになってきましたが、
最後に、平和祈念公園・・・・。



摩文仁の丘周辺は、今は整備され、綺麗な公園になっています。
ここに「平和の礎」といって、この戦争で犠牲になった人たちの名前が
住民・兵士・外国人なんて関係なく石碑に名前を刻んで追悼しているんですが、そこからは、綺麗な海が臨めて、何も知らなければ本当に平和そのものです。


北朝鮮の金総書記やら、ブッシュやら、なんやらかんやら・・・・。
首根っこ捕まえて、ひめゆりの塔やら、平和祈念公園を巡ってみろ!!


と頭ぐりぐりしてやりたいもんです。




人間は学ばなければいけないと思います。


同じ過ちをおかしたらあかん。


昔あった悲惨な惨劇を忘れたらあかんなあとおもう。


戦争を体験した人はだんだん少なくなってくるわけやけど、


過去にあったこと、平和のすばらしさ・・・・


戦争を知らない自分たちも学んで後々にもづっと伝えていかないと
あかんなあとおもいました。


沖縄にいかれたら、リゾートもいいけど、南部戦跡めぐりも
是非してもらいたいなあ・・・。と思った太郎でした。

(ひめゆりの塔だけでも是非いってもらいたいな〜)

















posted by 太郎ちゃん at 01:42| Comment(3) | TrackBack(1) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントありがとうございます。
私も何年か前沖縄に行って複雑な心境になったひとりです。最近、国の舵取りが妙な方向に行きそうでコワいなと思います。

今回はマジメ系でしたが、
いつも笑える記事、楽しみにしてます。自分でブログやってみて笑いをとるのがいかに難しいかよくわかりました。

今後もよろしくお願いします。
Posted by アマサ at 2006年10月13日 19:18
戦争って皮肉っすよね。被害にあった方もいれば、戦争によって経済的利益を得る人もいるし。

皆が納得する方法なんて、現実的に難しいでしょうし。

色々と考えさせられました!
Posted by テンパ at 2006年10月14日 21:25
どうも!アマサさん、テンパさんコメントありがとうございます!!

>アマサさん
 沖縄って、なんか雰囲気がいいというか、いい ですよね〜。「リゾート」とか、癒されにいく にはサイコーなところだけど、それにプラスし て過去にこんな悲惨なことがあったんだという ことも知っておきたいです。・・・なんてまじ めなことを書いてますが、いつもは、脳みそぱ ーぷりんです。(^^)

 最近ブログは、考えずに勢いで書いてるところ があるんですが、ちょっとでも笑いをとれるよ うにがんばりますんでよろしくです〜(^^)v


>テンパさん
 「戦争」・・・ほんまですね。
 利益をえる人がいるから、戦争がある。
 状況が悪くなってきたら、好転させるために戦 争を仕掛けていくっていう節がありますよね。
 
 今の時代は、ちょっとそんな危険な時期のよう な気がしてなりません。世の流れに、流されて
 「そうだそうだ!!いてまえ〜、やってまえ  〜!!」って流されないように、立ち止まって
 考え、間違っていることにはNO!といえるにん げんでありたいな。と思います。
 (性格的に流されやすく調子ノリなんだけ    ど・・・)
Posted by 太郎 at 2006年10月14日 23:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

6月23日は慰霊の日
Excerpt: 沖縄戦について 「慰霊の日」は沖縄県だけが公休日となる。1945(昭和20)年6月23日、沖縄守備軍指令官の牛島満中将と長勇(ちょう いさむ)参謀長が糸満(いとまん)市摩文仁(まぶに)の洞窟壕で自決..
Weblog: 飛語宇理日記
Tracked: 2006-10-12 19:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。