笑える癒し空間を目指したいとおもいます。
日頃の日記や、旅先で起こった事件や、世の中のニュースについて等・・・・。面白かったこと・むかついたこと等、笑いにかえて、「まあええやんかいさ!なんとかなるわな!!」ってストレス発散できるようなブログにしていきたいです!!

2006年06月06日

南紀は野生の王国か!??

今日は代休だったので、昨晩から実家に帰っていたんですが、
さっき実家から、戻ってくるときに、道中で鹿を目撃しました。


日置〜椿あたりの国道沿いなんですが、一応国道です。


ルート42



通称  しに号線という、ありがた迷惑な名前が付けられている国道の脇に鹿がでてきてて、暗闇の中、車に物怖じすることなく、
むしゃむしゃなんぞをくってる姿をみて、ちょっと驚いてしまいました。



狸がでてきたり、椿あたりでは、サルが我が物顔で、国道に座っている
姿をたまに見かけるんだけど、鹿ははじめてだったんで・・・・。



鹿って北海道なんかでは、増えすぎて困ってるんですよね〜。



結構本州でも増えているかな〜〜。



なんて、ちょっと真面目に
環境について考えてしまいました。(そんなに深くは考えてないんだけどね)←ところで、鹿の肉ってうまいらしいな〜〜。(笑)



さてさて・・・・


こんな野生の王国のような、和歌山ですが、野生の鹿をみて、思い出したことといえば、、、、




数年前に、和歌山と奈良の県境で、日本オオカミを目撃した
といって、写真まで公表されていたという騒動があったなあ・・・・。



ってことです。


その後、その騒動は、フェードアウトしてしまい、あの写真もガセだったのかもしれないけど、なんか、絶滅せず、ひっそりと生息していることを信じたいという気が僕としてはかなりあります。


オオカミの目撃されたあたりって、僕が鹿を目撃したあたりよりも一層、
ワイルド地帯ですから、ほんまに山奥には、いててもおかしくないかもよ!!って感じです・・・。



まあ、明治の初めに、捕獲されて以降、目撃証言はたまにあったとはいえ、
捕獲も何もされていないということは、やっぱり絶滅してるほうが可能性としては、断然大きいですけどね・・・。


ちょっとした浪漫として、


「日本オオカミは生きている」

と信じていたいものです。



さてさて・・・


今日は、なんか「生き物万歳」の、なべおさみのような気分で記事書いていますが・・・・・。


ずいぶんと前の話だけど、うちの畑のちかくで、おかんが、犬か狐かわからんようなものを見たといって、大騒ぎしていたことがあります。


「ありゃ、狐やよ!!  化かしにきたんや!!」



という、おかんに、



「犬やろ。きっと。」

と冷たく、あしらっていた太郎でしたが、当時のおかんの言い分は、



「違うよ!!あれはほんまに、き・つ・ね♪」


「口、こんなんやったもん!」



といって、口がとがっているのをジェスチャーで表現していた母親ですが、
意外とこんなんやったんちゃうの!???





日本オオカミ.jpg



はい、ニホンオオカミの剥製の写真です。(笑)


まあ、おかんが目撃したのは、狐か犬で、日本オオカミでないことは、
確かなんですが、それにしても・・・・


































日本オオカミって


しょぼいかも・・・。


(気の弱い雑種犬みたいやん)




ニホンオオカミが、剥製のようなもんではなく、もっと、ウルフってかんじで、奈良と和歌山の県境をうろついていることを願いつつ、今日はお開き
とさせていただきます〜〜!!






















posted by 太郎ちゃん at 01:13| Comment(4) | TrackBack(0) | ビバ!和歌山!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スポンジボブが大好きですw
Posted by 名無し at 2006年06月06日 01:24
これからも拝見したいのでお気に入りに登録させていただきました。
Posted by risa at 2006年06月06日 01:24
仲良くしてください♪
マンガ家の卵してます、まどかです☆
Posted by まどか at 2006年06月06日 01:26
同意です。
Posted by 名無し at 2006年06月06日 01:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18891347

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。