笑える癒し空間を目指したいとおもいます。
日頃の日記や、旅先で起こった事件や、世の中のニュースについて等・・・・。面白かったこと・むかついたこと等、笑いにかえて、「まあええやんかいさ!なんとかなるわな!!」ってストレス発散できるようなブログにしていきたいです!!

2006年09月20日

牛丼は吉野家!!

吉野家「米国産牛丼」に賛否の声



 「吉野家」の全国約1000店で18日、牛丼の限定販売が実施された。販売休止から約2年7カ月ぶりの復活。限定100万食に、各店で“ファン”が長い行列を作った。台風の影響を受けた宮崎県の店舗を除き「完売」。一方で、米国産への不安感から食べ控える消費者もいた。完全復活にはまだしばらく時間がかかりそうだ。

 「ただいまより牛丼復活祭を実施します」。日本一の売り上げを誇る東京・有楽町店の加藤忠央店長(33)の宣言に、店前に並んだ約100人から「待ってました!」のかけ声がかかり、続いて拍手が起きた。7月の米国産牛肉輸入再々開を受けての限定販売。値段は並盛が380円と、販売休止前に比べ100円高いが、そんなことはファンには関係ない様子だ。

 午前11時、客が一斉に店内に流れ込む。一番乗りの東大大学院生の梅城崇師(うめき・たかのり)さん(24)は、前日17日の午後11時から並んだ唯一の徹夜組。「味を思い出しながら食べましたが、あらためて肉のジューシーさを実感。輸入牛肉の安全性が気にならないといえばウソになるが、これからも食べたい」と満足そう。

 千葉市の会社員田村慎哉さん(29)は「東京駅近くの店で食べてきました。今度はお土産用を…」と笑顔で店を後にした。以前と変わらない味のはずだったが、中には「前より薄味」と話す“通の客”も。同店は午後3時21分に完売した。

 今回の100万食限定販売に用意されたのは、米国産(一部メキシコ産)100トン。吉野家ディー・アンド・シーでは、牛1頭から約10キロ取れるバラ肉を牛丼に使用しており、この日だけで約1万頭分が日本人の胃袋におさまった計算になる。今のところ米国産牛肉の輸入量自体が少ないため、9月はこの日のみの“復活”。10月と11月の1〜5日には、各日それぞれ100万食を販売する。12月以降については「毎日24時間態勢で販売できるようにしたい」とした。

 一方で、米国産牛肉への不信感も根強く「しばらくは食べない」(50歳代の主婦)という声も多い。銀座で待ち合わせをしていた横浜市の会社員の男性(34)は「牛や吉野家が悪いわけではないが、あんなずさんな検査方法では納得することはできない」と首を横に振った。
[ 2006年09月19日付 紙面記事 ]



続きを読む
posted by 太郎ちゃん at 01:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。